オリジナル小説

短編小説

★ ふたりのポンタ  同じポンタという名前を持つ少年とたぬきの夏の大冒険。子ども劇「ポンタとマジムンの森」ノベライズ版。

★ 僕は特定秘密  生まれながらに《特定秘密》を負った少年の悲しみの逃避行。

★ サンタクロースからの回答状 「サンタクロースって本当にいるんですか?」という問いに答えた回答状。

★ 戦慄のエアポケット 「私、人を殺めたことがあるんです」 何気なく立ち寄ったビル街にひっそりと佇む古いさびれた美容室で、店主は身の凍るような話を語り出した。

★ この世で一番無駄なものは 「鏡よ鏡、この世で一番無駄なものは何かしら」すると鏡は答えました――。寓話風物語。

★ 並んではいけない行列 「その行列に並ぶな!」 血塗られたような不可思議な文言を目にした佐久田がその行列の謎を追い駆けた先に見た衝撃の事実とは――。

★ されどロボットの愛 人間らしい心を持ったロボットの最後の手紙。

 

中編小説

★ 運命のエスカレーター
 エスカレーターで隆治との運命的な出会いを果たした美香。幸福の絶頂にあると思われていた時、既に悪夢の歯車は回り始めていた。サスペンスミステリー。

★ リポーターセンス
 事故の目撃証言をテレビで披露したマリアは、その卓抜したセンスから事件リポーターに就任。エスカレートする描写に破綻が訪れて――。社会派サスペンス。

★ おじいさんのドア
 雨宿りで立ち寄った古い画廊で勇治は亡き母に良く似た人物画を発見した。その画廊には、ドアの絵を描いたキャンバスと一人のおじいさん。涙を誘う心温まる話。

 

短編小説 : 未来シリーズ

★ モラル低下、こんな未来 モラルを考えるシリアスなオムニバス。

★ 偉いお役人たち、こんな未来 お役人たちの利権に笑うに笑えない。

★ 選挙、こんな未来 選挙は始まる前に勝っている。

★ 多数決、こんな未来 多数決原理の恐ろしさ。

★ 宇宙開発、こんな未来 世界規模の争奪戦、こんな近未来。

★ 取調べ、こんな未来 冤罪を生み出しやすい密室の取調べ。

★ 戦争、こんな未来 戦争を風刺することへの飽くなき夢。

 

最終更新日 2018年6月吉日

 

 

 

 

 

お品書き

大好評★架空請求の体験談

おすすめエッセイ

おすすめ小説

無料ブログはココログ