« 【架空請求の体験談】感動の架空請求メール/携帯メール版 | トップページ | おじいさんのドア 3 »

【架空請求の体験談】感動の架空請求メール/PCメール版


◆ エッセイ概要 ◆

 著者のパソコンに届いた1通のメールには、見覚えのない請求が記載されていた――。

 使った記憶の片鱗さえ無い有料サイトの利用料請求。
 これはまさか、「架空請求」ではないか?!

 初めて届いた嬉しさに、狂喜乱舞の有頂天。
 不可思議な文言で綴られたおかしな文面を、ひとつひとつ拾い上げて指摘する。ああ、ノリツッコミが加速する。


 先日、こんなメールが届いた。

 (以下、便宜上、分割、一部割愛、要所を太字にして掲載)

 その内容を見て、私は嬉しさで有頂天になった。

 件名:《重要なお知らせです》必ずお読み下さい
 弊社は信用調査会社・コンテンツ業者からの依頼に基づいて各種の料金等支払遅延者リスト(ブラックリスト)一括管理している日本情報管理㈱と申します。

 これってもしや、有名な架空請求メールではないか。
 私は嬉しさで思わずバンザイポーズをしてしまう。

 待ってました、架空請求メール!

 テレビでよく取り上げられているこのメールの存在だが、いつか、日記で取り上げてみたいと日頃常々思っていた。取り上げたらもちろん、キルビル並みにメッタ斬りするつもりだが―――。

 そして、ついに私の元に届いた。
 これを嬉しいと言わずして何と言おう!

 嬉々と浮き立つ心を無理矢理に沈めて、冷静を取り戻して文面に目を戻す。

 ・・・そもそも、この会社の種類が、信用調査会社、コンテンツ業者だなんて、最高にアバウトすぎる名前である。

 畏まった法律チックな文書を送るのなら、「信用調査会社とは~」「コンテンツ業者とは~」と、会社の定義を書いて欲しかった。

 その何だかよく分からない名前よりも、ブラックリストを一括管理しているという、怖そうな名前が、「何が何でも回収するぞ!」という強い意気込みがひしと伝わってくる。

 「ブラックリスト」の一言で、メールを受け取った人に、「なんて怖そうなんでしょう!」と思わせてしまいそうな、その完成された仰々しい口ぶりに、思わず目を見張ってしまう。

 面白い、面白すぎる!

 私は胸を喜び震えさせながら、さらに本文を読み進めた。

 この度は貴殿が使用されたプロバイダー及び電話回線から接続された有料サイト利用料金について運営業者より利用料金支払遅延に関して料金等支払遅延者リスト(ブラックリスト)掲載要請を受けました。

 有料サイト利用料金だなんて、甘美な響き!

 その衝撃の文字を見た途端、私は、ふと考え込む。

 私は、どのような有料サイトを閲覧したのだろう。
 残念ながら、清純派乙女で通している(?)私は、有料アダルト番組や、ツーショットダイヤル、出会い系サイトなどには、残念ながら、一切の興味は無い。

 私がそれらのサイトを閲覧し利用する必然性は全く無い以上、利用した記憶もない私に、それの利用料が発生することは、全くあり得ない。
 火の無いところに煙は立たないというのが科学現象でもあるのに、無から生み出されたこの現象、何とも怪奇である。
 このようなありえない現状、おだてられて木に登った豚も、ビックリして木から落ちてしまうかもしれない。

 そして、この「有料サイト利用料金」という、実に驚くほどアバウトな書き方が、何ともたまらない。本当に料金を請求したいのなら、具体的にどのサイトを閲覧したために、いくらの利用料金が生じたのかを、具体的に利用明細として挙げて欲しかった。これでは、明らかに嘘っぽくて、払う気には到底なれない。

 しかし、そうは言うものの、このように具体的に利用用途を知らせない仕組みには、上手い心理作戦と思わざるを得ない。

 もし、道で見知らぬ人にバッタリ会った場合に、その人に、「どこかでお会いしましたよね?」と言われた場合、「会った? 覚えてないけど、会った気もするような、しないような」と、自らの記憶を探って考え込みながらも、それが見当たらなくても、結論としては、「相手が会ったと言ってるのだから、会ったのだろう」と、自分には覚えはなくても、会ったことを既成事実として認めてしまうことがある。
 架空請求は、このような人間の心理過程を利用したものなのであろう。

 ということで、私は考え込んで、ふと思い当たった。

 もしかして、この指摘の有料サイトって、ひょっとしたら。あのとき閲覧した法律文書のサンプルかな。それは、支払督促申立書か、告訴状か、訴状か。あるいは、答弁書か、督促異議か。うーん、思い出せない。

 今まで法律サンプル文書を必要性があって、サイトに掲載されたものを数多く閲覧してきたが、それがまさか、有料サイトだとは今日の今日まで知らなかった。
 料金が発生する旨の通知は、サイトのどこにも書いていなかったし、無料だと書かれていたことを確認して閲覧していたから、私は、自分に何らの利用料金が発生し得ないことを知っているけれど、ダンディ坂野ですら大ブレイクできる世の中なのであるから、ひょっとしたら、何かの手違いで料金が発生しているかもしれない。どうしよう。どうしよう。どうしよう!

 どうしようとは言いつつ、小躍りしたくなるほど、嬉しく高鳴るこの胸は、なぜであろう! ああ、もう面白くてたまらない!

 これまで貴殿のネットワーク利用料に付きましては、コンテンツ事業者様及び債権回収業者が再三のご連絡を試みてまいりましたが、未だ入金の確認がとれず、また貴殿より誠意ある回答も遺憾ながら本日に至るまで頂いておりません。

 まぁ、なんと。過去に再三もご連絡して下さっていたなんて、全く存じ上げなかった。ビックリマンに「まじビックリだぜ」と言わしめるくらいの初耳の事実だ。

 そもそも、このメールを見て初めて、私に何らかの利用料金が発生していたことを知ったのである。今まで一度も連絡が無かった以上、誠意ある回答をしようがない。支払催促の通知も、支払督促通知も、何ら私の元に届いていない。

 無いことを遺憾にされても、私としては困る限りだ。せめて、再三の通知をなした何らかの証拠を示して欲しいものである。

 再び、読み進める。

 以上のような理由から個人信用情報調査会社を経由して弊社に貴殿の個人情報を料金等支払遅延者リスト(ブラックリスト)に掲載する要請が届きました。

 ブラックリスト! ブラックリスト、ブラックリスト…… 
 あ、なんて。暗黒世界の住人のような洗練された響き。ブラックジャック、快楽亭ブラック、ブラック嶋田、ブラックタイガーなどに匹敵するような、なんてミステリアスな香りなんだろう。

 借金してまでお金を使うことがない私が、ブラックリストに載るなんて、信じられない。夢なら早く覚めて! 

 消費者金融の「ご利用は計画的に」には、「計画的じゃないから利用するんでしょ!」としっかりツッコミを入れる、金融会社に対する鋭い指摘をする私が!

 クレジットカードの利用料金が、毎月300円以下という、UFOキャッチャー1回分くらいの値段しか使用していない質素な金銭感覚を持つ、この私が!

 「今まで一番高額な買い物は?」と聞かれた場合、「賃貸マンションを借りたときの、賃貸借契約の初期手続費用!」と即答できるこの謙虚な私が!

 そんな、ブラックリストに載りそうにないこの私が!

 ブラックリストに載るなんて。嗚呼、夢のよう!

 ブラックリストという、未知の言葉に、狂気乱舞になりそうになりながらも、それを制止して、さらに読み進める。

 貴殿の個人情報に関しましては既に調査対象メールアドレスから、プロバイダ・ISP業者・個人信用情報調査機関からの情報開示を受け、既に貴殿の住所・氏名・勤務先等の情報は判明しております。

 なるほど。なるほど。私の個人情報は、私の元に届いたメールアドレスが「調査対象メールアドレス」であり、それから得たようである。
 そのメールアドレスをもとにして、プロバイダーなどから私に関する個人情報を開示させて、私は身元が判明し、ブラックタイガー違った、ブラックリストに載ってしまう、と。

 なるほど、なるほど! これじゃあ、私は逃げも隠れもできないなぁ! 諦めてお金を払いましょう。アッパレ! 夜もヒッパレ! って、思わず感心するところだった、危ない危ない。

 大体、そう易々と顧客情報を開示するなんて、なんちゅう情報漏洩の簡単なプロバイダーなんだ。うまい棒20本詰め合わせパックくらい贈賄すれば、あっさり情報開示してくれそうな、その情報管理の甘さには驚きである。まさに通報ものである。

 よく考えると、おかしな事実に気付く。

 おやおや、 そもそも、この調査対象となった私のメールアドレスは、プロバイダーを経由のものではなく、フリーメールのアドレス宛てに届いていた。簡易取得できるフリーメールである以上、そのアドレスには、ネットから離れた現在の私に繋がる情報は、プライバシー保護の観点から、何ら一切記載していない。

 私の住所・氏名・勤務先が判明している、とこのメール本文で書いているが、そもそも、私がフリーメールで登録情報として掲載していることは、

 住所: 琉球
 氏名: 琉球の宮
 職業: 沖縄人

 これくらいなものである。このような情報が判明していたところで、これは情報としてあっても無きに等しいくらい。このような驚くほど少ない情報で、どうやって、この私に到達しようとでもいうのか。おいおい、どうやったって、これは無理じゃないかい、ベイビー!

 面白い、面白すぎる!

 そもそも、 勤務先って……
 職業「沖縄人」というアイデンティティ溢れる役職を掲げている私に対して与えられる勤務先は、もはやニライカナイの海くらいしか思い当たらない。
 さぁ、今すぐ久高島の海に勤務票を取りに行かねばならない。ヒーハー! 思わず雄叫びさえ出てしまう。
 そこがさんご礁のどの辺にあるのか、場所を是が非でも教えて欲しいくらいだ。
 もはや、笑いを越して、感動すら覚えてくる。

 もし、あのような少ない情報で、見事に私の元に到達したら、これぞミラクルである。

 良く来たね、と私の目には涙が溢れる。

 「キミはよく頑張った! オメデトウ!」と、松岡修造以上に熱烈の歓迎をして差し上げるようか。あとは沖縄流の歓迎で、結婚式場の大ホールを貸切り、三日三晩の酒宴とカチャーシーを躍らせておこう。
 いやしかし、式場代にお金が掛かりすぎる。やめておこう。

 一旦咳払いをしつつ、先を読み進める。

 個人信用情報機関のブラックリストに掲載されますと、各種融資・クレジット契約・携帯電話の購入および機種交換他・就職先制限等の様々な貴殿信用情報に今後大きな支障が発生する可能性があります。

 ブラックリストというだけあって、さすが、信用情報に影響があるらしい。しかし、よく考えると、このブラックリストという定義がイマイチ分からない。ブラックリストは、具体的に法的にどのような体系的位置付けになっているのかが、まず知りたいところである。

 有料サイトを閲覧し、その利用料金を支払わなかったことで、なぜ色々な信用機関に連結しているというブラックリストに載るのであろうか。
仮に、有料サイトを閲覧したとしても、その有料サイト会社との関係で債権債務が発生するのであって、この一括処理するという会社には何ら関係はないはずである(債権譲渡の場合は後に述べるとして)。

 このメールは、日本の法制度を知らないかのような、おかしな部分が多く見受けられる。

合計支払金額:65,000円
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
未納料金和解金:50,000円
■情報抹消事務手数料:15,000円
=============================
■■合計金額:65,000円
---------------------

 これまた高い。せめてお米券1枚程度の値段でカタがついて欲しかった。これではますます払いたくなくなってしまう。

 ここで、興味惹かれる文字を発見する。

 この「未納料金和解金」とはなんであろう。そもそもの利用料金がいくらかを記載せずに、和解を前提で、それを包含した料金を書くなんて、巧妙というか、ワザトラシイというか。せめてもう少し詳細な料金明細を書いて欲しかった。これでは、相手に払う気にさせたい、という気がみじんも感じられない内容である。

■送付方法:電信為替もしくは現金書留
受付は郵便局の電信為替もしくは現金書留のみです。この件に関しましては、それ以外の方法での受付はしておりません。必ず郵便局の窓口で電信為替もしくは現金書留を必ず指定して下さい。
■支払期限:
上記宛に平成15年11月6日(木)必着で送付して下さい。
電信為替の送付方法に関しましては http://www.yu-cho.japanpost.jp/s0000000/ssk00000.htm を参考にして下さい。
詳しくはお近くの郵便局で確認して下さい。郵便局で発生する送金手数料は貴殿の負担とさせて頂きますので御了承下さい。

 おやおや。現金書留と電信為替しか支払方法がないとは、困ったものである。この会社の都合ばかりが、こちらに一方的に押し付けられているばかりではないか。

 これら二つの方法しかない支払方法がないのは、身元がばれない、振り込み後すぐに解約して逃げやすいとでも言うのだろうか。ますますもって興味深い。

 時間さえあれば、この支払期限の日までに、この会社の所在地に直接代金を持って参上したいくらいである。もちろん、お巡りさんに「悪の巣窟があります!」と事実を告げて、お供してもらおう。

 そして、電信為替の手続説明として、ゆうちょのリンク先を示すとは、ご丁寧というより、もはや図々しいの域である。この謙虚さに頭が下がる。

 明日に迫る支払期限(当時)、ああ、待ち遠しい!!

 入金確認後、料金支払遅延者リストから貴殿に関する全データー(日本情報管理㈱が所有する債権譲渡証明書・内容証明書・貴殿個人信用情報等の書類およびデータの全て)は責任を持って弊社が全て抹消いたます。

 「債権譲渡証明書」、これは、恐らく、有料サイトからの利用料金の債権(借金)を、この会社が受け継ぎましたよ、という証明書を言っているとは思うのだが、そもそも、日本の法律によると、債権が譲渡されたときに、債務者(利用者)に、債権譲渡をした旨を知らせるか、承諾を得なければいけないはずである。
 こんな法の不備の丸出しに、私は思わずハンカチ王子並みに赤面するサービスすらつけたくなる。

 「内容証明書」、これは何のことを言っているのかが分からない。内容証明書というのは、郵便物の特別取り扱いのひとつのことで、郵便物の内容を謄本で証明するという、裁判において証明力のある郵便物のことである。
 このメールが、ここで「内容証明書」と、郵便物の内容ではなく、郵便物の取り扱いのことを書いている時点で、私からツッコミを入れられてしまうのである。
 言うなれば、この「債権譲渡証明書・内容証明書・貴殿個人信用情報等」というのは、「借用書・速達郵便・貴方の情報」というようなもので、見るからにオカシイ、と言うべきなのだ。

 そして、「貴殿個人信用情報」は、ブラックリストに載せられている、お金を借りるときに重要になる自分に関する情報であろう。
 フリーメールであることや、プロバイダーなどの情報守秘義務からすると、何ら情報が漏れ出ていないと思っても良いであろうから、単なる根拠の無い脅しのような単語だ。

 最も大事なのが、「弊社が全て抹消」というところである。思わず、「消しちゃうのかよ!」とさまぁ~ず三村ツッコミもしたくなる。なるほど、この会社は自ら責任を持って証拠を抹消してくれるらしい。

 この会社、自由過ぎる!

 感動で思わず天を仰ぎたくなる。

 ご入金して頂けず、このまま放置されますと最終的に貴殿の個人情報を元に各地域の事務所から数名集金担当員御自宅まで訪問をさせて頂きます。またその際に掛かります集金費用・交通費等の雑費・別途回収手数料も合わせて集金させて頂きます。また状況によっては京都地方裁判所を第一審専属的合意所轄裁判所として、強制執行による給料差押え等を含めあらゆる手段で対応させて頂く事となります。

 数名の集金担当員が自宅に訪問してくれるらしい。
 きっと、コワモテのお兄さん数人で「払えコラ」などと、ボキャブラリーの著しく乏しい言葉で脅迫めいた言葉を叫んで、ドアを蹴り飛ばしたり、居座ったりして、代金徴収しようとでもいうのであろうか。
 もちろん、そうなった場合には、彼らの言動を、恐喝罪、脅迫罪、不退去罪などの証拠をカセットテープレコーダーや、デジカメなどで収集して、警察に通報するだけである。
 もし、私の元に辿りつけたら、の話であるが。

 そもそも、私は、この会社の指摘するような有料サイトを閲覧していないから、彼らの主張は全くの事実無根のデタラメである。私が閲覧したと勘違いして代金を支払えば、私を騙してお金を詐取したことになり、詐欺罪が成立する。
 このようなメールを何ら関係の無い人に送りつけている時点で、お金が振り込まれなくても、詐欺未遂罪は成立しているのだが。

 そして、代金を支払わない場合には、「強制執行による給料差押え等を含めあらゆる手段で対応」するらしい。
 こんな挑戦的な台詞を言われると、嬉しくて小躍りしたくなる。

 受けて立とうじゃないの。

 正直なところ、法律を学んでいる今の私は、別に弁護士を雇わなくても、独りで法廷に出て、彼らと闘える自信がある。カモンベイビー、法廷で会いましょう!
 もしそうなったら、彼らから日本の裁判史上最高額の和解金をゲットして、私は日本のエリン・ブロコビッチと呼ばれるかもしれない。
 さぁ、早いとこ法廷デビューのためにスケキヨ風のお面でも買いに行こうかしら。

 闘志燃える中、残りの文面に目を通す。

 円満な解決を望むならば支払期限までに大至急入金お願いします。指定の期日までに入金が確認できない場合は事務処理を行う事ができませんので支払期日は必ず厳守願います。
 また、
ールアドレス相違、郵便事故、その他いかなる事由により今まで連絡が取れなくなっていたにせよ、それは弊社に起因するものではなく貴殿の責任によるものです。円満な解決を望むならば支払期限までに大至急入金お願いします。
 指定の期日までに入金が確認できない場合は事務処理を行う事ができませんので支払期日は必ず厳守願います。

 もはやここまでくると、「メールアドレス相違により今まで連絡が取れなくなっていたとしても、お前の責任じゃ! 覚悟せい!」という本文の脅しに似た文章に、「そもそも、この請求って、調査対象メールアドレスを基にしてなされているんじゃなかったっけ?」という根本的な矛盾に対してツッコミする元気さえも失せて来る。

 いやはや、「大至急入金」を連発するこの必死さ溢れる文面に、もはや笑いを通り越して、可哀想に思えてくる。憐れで不憫で、見ていられない。この文面を、市原悦子にでも朗読してもらったら、感涙度100%は間違いない。今から木綿のハンカチーフでも用意せねば。

 そして、必死さ満点の文面の中にある、架空請求をしておいて、「円満解決」を望む図々しさ。高望みもいいところである。いい加減、目を覚まして、と説教したくなる。

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
日本情報管理㈱
〒600-8492
京都市下京区四条通新町東入ル月鉾町39-1
興和第一ビル8階

管理担当:勅使川原 俊夫
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

 そもそも、他人の債権の取立てができるのは弁護士か、または、法務省の許可を得た債権回収会社だけである。それ以外の人(会社)が行った場合には、弁護士法違反で、二年以下の懲役または三百万以下の罰金となる。
 そこで、この日本情報管理(株)さんとやら。調べたところ、法務局のホームページにある債権回収業者の登録業者一覧表には、この会社の名前はなかったぞ。完全に弁護士法違反でいらっしゃる。

 もう、感動するほどに、何でもありの架空請求メール。
 これを感動と言わずして何と言おう。もはや、犯罪のデパート!

 こういうのを、「債権回収詐欺」「架空請求」などと言うらしい。
 はい、みなさんご一緒に復唱しましょう。
 (さいけん・かいしゅう・さぎ、かくう・せいきゅう……)

 最後にもう一度復唱しましょう。

 お前たちのやっていることは―――
 全部すべてマルッとどこまでもお見通しだ!

 (おまえたちの・やっていることは…… って長い!)

 最後に―――良い子は絶対に、見知らぬ請求を真に受けてお金を支払わないでね!

 ・・・そして。

 架空請求が届き、その請求を「にゃはは。おぬしも悪よのう」と、大口を開けて悪代官風に笑い飛ばし、その指定された支払期限を当然無視して、数ヶ月後。

 案の定、私の身辺には何事もありません。

 怖いお兄さんが「オイコラお金払えや」とボキャブラリーに乏しい脅し文句でドアを蹴りつつ来訪することもなければ、「ハ~イ、ハニー! お金を払ったらハワイ旅行をプレゼント!」と上手にウィンクしてお財布の紐を緩めさせるイケメンお兄さんも、「契約してくれたら野球チケットをプレゼント!あとでクーリングオフしていいから!」と絶叫するイカガワシイ新聞勧誘のオジサンも、一切来ません。

 もし来たら、私の寒い一発ギャグ「ゲッツ!」をフルコーラスつきで見舞って肝を冷やしてあげようと思っていたのに! 残念!

 ―――架空請求が届いてご不安になられている方へ。

 その請求を見つめて、ともに一笑しましょう。

 法や判例で定められた無過失責任を除き、本来ならば、必ず理由(原因)があって責任が負わされるのです。
 身に覚えの無いことに対しての責任を負わされるのならば、その社会はオカシイというべきなのです。
 身に覚えの無い請求が来たら、完全無視、これに限ります。

 おっと、忘れるところでした。最後にひとつ。

 ぜひご一緒に、胸元に両手を合わせて感謝の言葉を反芻しましょう。

 

 架空請求を送ってくれた業者さんへ。
 キミが送ってくれた請求のお陰で、友だちや同僚、家族とのスキンシップを図る笑い話の話題提供ができました。

 業者の横顔を一発殴りたいくらいに感謝しています。

 架空請求は、飲み屋などの食事スペースで人と語るとスターになれる、トリビア知識の次に珠玉のネタ話なのです。
 ほら、周りを見回してご覧下さい。架空請求が届いたことを自慢げに笑って話す貴方を、うっとりと恍惚の表情で眺めている紳士・淑女が多くいることを。

 架空請求の根絶を祈りつつ・・・

 架空請求業者よ、アリガトウ!
 そして、もう二度と私に送りつけないでね!!


« 【架空請求の体験談】感動の架空請求メール/携帯メール版 | トップページ | おじいさんのドア 3 »

エッセイ:架空請求の体験談」カテゴリの記事

コメント

Googleで架空請求を検索していてたどり着きました。
大変おもしろく読ませて頂きました。
とくにツッコミが。

笑いすぎてお腹いたい

ノリツッコミ最高!
おかしくて涙出た。

はじめまして。
架空請求メールを検索していてたどり着きました。
内容は−−−
感服の二文字以外浮かばない。
多くの勇気を与えてくれる。
私は多くの人に言いたい。薦めたい。
架空請求メールに怯えるな、と。

またきます。

わたくしのところにも、アクセスした無料出会い系サイトから、架空請求がメールできて、同様の文言で「直接回収」だの、「F簡易裁判所で債権回収手続き」だのと不当な入金請求がありまして、いつも金欠に悩む小生としましては、この不法行為を幸い、精神的苦痛に対する賠償金を請求しようと、裁判所からの通知を待っておりますが、外国で登録したフリーアドレスから身元がわかるはずもありません、、、トホホ

コイスタのメール参考になりました。私が名前の一部がカオリなのに、カオリ?って疑問になって。おかしいとネットで調べ、悪質メールとわかり。なるほどと。で、どうすればと・・・読ませてもらいました。一応ドメインしておきました。長年もっててsmsのショートは拒否してたけど。 昨日突然に。こわいです。 岡崎だかの見知らぬ電話もあったりで。 参考にねりました。ありがとうございました。

いいな。 架空請求が来たなんて。
私は電話で来てほしー★
私の家には なんか 福祉なんとか委員会っつって でんわばんごうを教えてくれって。
お父さんに変わったとたん、

・・・プ― プ― プ―・・・・

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

今では 惜しいことをしたな と思います もっと困らせたかった。。。。。。。。。。。

うちにも以下のメールが来て、ちょっと慌ててしまいました。
そして検索していたら、ここにたどり着いたので笑い飛ばそうと思ったのですが、逆にやり場のない怒りでいっぱいです。
こんな、メールを送っただけで脅迫罪で逮捕すりゃいいじゃん。て思うのは私だけなのかな。


差出人: msco010@docomo.ne.jp
宛先:
送信日時: 10/11/18 12:26
件名:

(株)マスターズサポート
0338358575
お客様担当の内田と申します。

突然のご連絡失礼致します。
お客様がご使用の携帯電話端末より、以前お客様がご登録されました『有料情報サイト』『特典付きメルマガ』『懸賞付きサイト』等において、現在無料期間内等退会手続きが完了されてない為、ご登録料金及びご利用料金が発生しており、現状で料金が未払いとなった状態のまま長期間の放置が続いております。
当社はサイト運営会社様より御依頼を受けまして、料金滞納者の個人調査、悪質滞納者の身辺調査などを主に行っている調査会社となっております。
本通知メール到達より翌営業日(営業時間内)までにご連絡を頂けない場合には、運営管理会社のご利用規約および法律に基づき、
①個人調査の開始、②各信用情報機関に対して個人信用情報の登録、③法的書類を準備作成の上、即刻法的手続き(強制執行対象者等)の開始、以上の手続きに入らせて頂きますので予めご了承ください。
ほとんどの場合、現段階での和解措置が可能であると思われましたので以上の手続きに入る前にご一報差し上げた次第です。

※このメールは該当するお客様に同一の内容を記載させて頂いております。ご利用になられたサイト、延滞の状況はお客様によって異なりますので、退会手続きの再開、お支払いのご相談等をご希望のお客様は、お手数ですが、担当「内田」まで必ずお電話でお問い合わせ下さい。(メールでのご対応はお受けできません)
尚、本通知は最終通告となります。
ご連絡頂けない場合は上記の法的手続きとなります。

営業時間 月曜~金曜
午前9時30分~午後6時迄

休日
土、日、祝祭日

私も架空請求の葉書を二、三度受け取りその都度大いに楽しみました ですから来ないかな、と心待ちとは言わないまでも待ってはいるのですが残念ながらこの頃 来ません 身分不相応な課題、バカ、のくせに あたかも法律文書のような高飛車さと権威、更には強制力さえ備わる、と感じさせる文章をでっち上る、に挑んで涙ぐましい努力を重ねながら、しかもそれが全くの徒労に終っているあの種の葉書はナンセンスの極み、という意味で一種の芸術品でもあり私にとっては正に滋味掬すべき無償のプレゼントです 何とか、リアルな説得力を備え 思わず送金のために私を窓口へ走らせかねない、そんなレベルの出来の架空請求葉書を受け取ってみたいものです

架空請求メールすごいですね(^_^;)
読んでておもしろかったです♪
ありがとうございます

通りすがりのものです。
架空請求と検索して当たったので拝見させていただきました。
私は法律に関してはそんなに詳しくありませんが、わかりやすく読ませていただきました。
こうみてみると、架空請求というものは実に馬鹿馬鹿しいものなんですねw
怖いものだと思っていたのがウソのように(まあ、詐欺なんですが^^;
アドレス替えてからは全く迷惑メールすら来なくなりました・・・
でも、今度脅迫まがいのメールが来ても冷静に笑い飛ばせると思います。
参考になりました!

楽しく読ませていただきました!私には少し違いますが今日の朝このようなメールがきました。
不安でしたがコラムを読み安心しました(>_<)

重要なお知らせ

携帯でのネットトラブルに関しての相談、調査等を行っております(株)フラックスと申します。
現在ご契約中の携帯端末よりご登録されております情報サイトが無料期間中に退会処理されていない為、月額料金が発生し現状未払いになっております。
このまま放置が続きますと[利用規約]に基づき損害賠償を求める民事訴訟となる法的手続きに入らせて頂く可能性があります。退会手続きにつきましては下記までお問い合わせ下さい。
※メールでの対応はしておりませんので必ず電話でお問い合わせ下さい。
(株)フラックス
担当 堀内まで
info-flx02@docomo.ne.jp
(相談窓口)03-6759-9032 本日10時~19時迄
※時間厳守

うちの学生の息子はアパートを替わったら、電気代とネット通信代、水道代を数カ月もきちんと踏み倒しやがった。督促が来ても知らん顔。こんなの払わんでもええんや、とぬかしておる。
そして今度はキセルをはじめおった。自動改札機の右側面の光が出て人を感知する部分を手でさえぎれば、改札が閉まることなく通過できるんだそうな。某国立の工業大学の仲間に聞いたらしい。で、ホンマにできるんやそうな。
こいつ、いつか社会から手痛いしっぺ返しをくらうやろうね。
架空請求とまったく違う話題でごめん。金払わんぞ、いうところだけが一緒やったんでカキコしました。
架空請求を払わないのは当然だけど、キセルや公共料金踏み倒しはアカンよね。

私の携帯にも以下のようなメールが来ました。
なんか気分悪いです・・・


(株)デジタル ハーツ
03-6671-9140
顧客担当:柳沢 明

早速、本題に入らせて頂きます。
弊社はサイト運営会社より依頼を受け、料金滞納者様の調査などを行っております。
現在、お客様がご使用の携帯端末より以前ご登録された[モバイル情報コンテンツ]の管理会社様より弊社に[身辺調査依頼]が入りましたのでご報告させて頂きます。
無料期間中に退会処理がとられていない為、登録状態のまま放置が続いております。
このまま放置されますと発信者端末電子名義認証を行い、電子消費者契約法に基づき、法的措置を行う為の身辺調査に入らさせて頂きます。
調査了承後、後日回収機関により、調査費 回収費用 含めご自宅 お勤め先 第三者への満額請求と変わる場合もございます。
身辺調査の開始・法的処置への移行の前に双方にとってより良い解決に向かう為、詳細の確認、和解、相談等ご希望の方は翌営業日正午 までにお問い合わせ下さい。

※尚、本通知を最終通告とさせて頂きますのでご了承お願い致します。

㈱デジタル ハーツ総合窓口
03-6671-9140

顧客担当:柳沢 明
代表取締役:小笠原 辰雄

東京都公安委員会:第20128172号
東京都調査業協会会員 1705号

関連団体:社団法人 日本調査業協会
東京都調査業協会

受付時間
平日・10:00~19:00
土曜、祝・10:00~18:00
定休日・日曜

うちにも来ました

><株>共和リサーチ 03-4477-6719 担当 高根 誠 顧客番号7307
突然のご連絡失礼致します。
弊社は調査会社として、調査業務、及び和解、退会手続きの代行等の解決を目的とした企業になります。

現在、お客様がご使用の携帯端末より以前ご登録された[モバイル情報コンテンツ]の管理会社様より弊社に[身辺調査依頼]が入りましたのでご報告させて頂きます。
無料期間中に退会処理がとられていない為、登録状態のまま放置が続いております。
このまま放置されますと発信者端末電子名義認証を行い、電子消費者契約法に基づき、法的措置を行う為の身辺調査に入らさせて頂きます。
調査了承後、後日回収機関により、調査費 回収費用 含めご自宅 お勤め先 第三者への満額請求と変わる場合もございます。
身辺調査の開始・法的処置への移行の前に双方にとってより良い解決に向かう為、詳細の確認、和解、相談等ご希望の方は翌営業日正午 までにお問い合わせ下さい。

※尚、本通知を最終通告とさせて頂きますのでご了承お願い致します。

お時間帯によっては繋がりにくい場合がございます。
その際は、折り返しご連絡下さい。

代表取締役:村田 忠

東京都調査業協会会員

関連団体:社団法人 日本調査業協会
東京都調査業協会

受付時間
平日・10:00〜20:00
土曜・10:00〜18:00
定休日・日曜


よく考えたら、結局どこが責任持ってやってるのかよく分からない(笑)

メアドも「docomo.ne.jp」だし(;o;)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【架空請求の体験談】感動の架空請求メール/携帯メール版 | トップページ | おじいさんのドア 3 »

お品書き

大好評★架空請求の体験談

おすすめエッセイ

おすすめ小説

無料ブログはココログ